ご本人が通院を拒否するご家族の相談。対話で受診を促し、統合失調症で障害年金を受給

うつ病になった方のご家族からのご相談で、お話を伺うと以下のような状況でした。

  • ご本人は就労中にうつ病になり、休職後退職
  • 退職後も病院にかかっていたが、しばらくすると本人が「完治した」と通院を拒否
  • しかし、妄想や幻覚症状があるため心配

時間をかけて、本人とゆっくり話をさせていただき、医療機関で受診いただきました。
統合失調症と診断され、その後の障害年金申請の手続きをさせていただき、障害厚生年金2級に認定されました。