うつ病と障害年金

うつ病は、国の定める基準を満たせば障害年金が支給される精神の傷病です。
その基準や手続きのポイントを解説し、よくいただく質問についてお答えします。

どんな症状なら障害年金がもらえるの?うつ病で支給対象となる等級と症状の目安

うつ病が原因で日常生活に支障をきたしたり、仕事ができなくなる等の状態であれば、障害年金を申請することができます(※年金の納付要件を満たしている必要があります)。

必要な書類を揃えて申請(請求)をすることで、認定基準に照らし合わせて1〜3級の等級が決定され、等級ごとに定められた障害年金が支給されます。うつ病の場合の認定基準を以下の表にまとめましたのでご参照ください。(3級は障害厚生年金のみで、障害基礎年金には存在しません。)

うつ病の認定基準

障害の等級 障害の状態
1級 高度の気分、意欲・行動の障害及び高度の思考障害の病相期があり、かつ、これが持続したり、頻繁に繰り返したりするため、常時の援助が必要なもの
2級 気分、意欲・行動の障害及び思考障害の病相期があり、かつ、これが持続したり又は頻繁に繰り返したりするため、日常生活が著しい制限を受けるもの
3級
(障害厚生年金のみ)
気分、意欲・行動の障害及び思考障害の病相期があり、その病状は著しくないが、これが持続したり又は繰り返し、労働が制限を受けるもの

うつ病で障害年金申請するときのポイント

うつ病は “症状の顕著な時期” と “症状が収まっている時期” を繰り返すことが多いです。なので、現在の状態だけで判断するのは不十分とされており、”症状の経過” と “日常生活活動等の状態” を十分考慮して審査が行われることになっています。

診断書を始めとする提出書類を「障害の状態がしっかりと伝わるもの」にすることが大変重要です。

必要な提出書類のひとつ “病歴・就労状況等申立書” には、病気が発病した時から現在までの経過を年月順に期間を空けずに記入しましょう。転院している場合は、病院ごとに分けて記入します。不眠や頭痛、体がだるいや疲れやすいといった体調の不良などの状況もできるだけ詳しく記載しましょう。

うつ病と似ているが、認定の対象とならない傷病

  • パーソナリティ障害(人格障害)は、原則として認定の対象となりません。
  • 神経症は、症状が長期間続いて一見重症なものであっても、原則として認定の対象になりません。ただし、その症状が精神病の状態に当てはまれば、”統合失調症”、”気分障害(感情障害)” に準じて認定の対象となる場合があります。

うつ病関連の障害年金申請に関してよくいただく質問に答えます

障害年金全般におけるご質問は、よくあるご質問 をご覧ください。

初診日が何年も前になり、カルテが残っていない

うつ病は長く療養されている方が多いため、複数の病院を転院されていることも珍しくありません。

医療機関のカルテの保存期間は5年になります。ですから、初診日が5年以上前で転院している場合は、カルテが残っていないこともあります。その場合は、初診の病院は、受診状況等証明書が添付できない申立書を記入し、次に通院した病院で初診日の証明を取ります。その病院に前医の紹介状などが残っていれば良いのですが、ない場合は、診察券、お薬手帳、領収書などの参考資料を添付します。

以下、傷病の種類は関係なく、障害年金申請の共通事項となります。

いくらもらえるの?障害年金で受給できる金額

障害年金の支給額は認定された等級で決まり、対象となる子や配偶者がいれば加算されます。これは、どの傷病であっても共通です。具体的にいくら支給されるかは いくらもらえる?障害年金で支給される金額 をご参照ください。

どうやって申請するの?障害年金の申請(請求)について

スムーズに障害年金を受給するためには、不備なく必要な書類を提出する必要があります。また、等級認定のためには判定ポイントを押さえた書類にする必要があります。障害年金請求の流れについては、障害年金申請の手続きはどうしたらいいの?をご覧ください。